松浦弥太郎さんに学んだ新しい事に対する不安を乗り切るマインド法

f:id:YOMEYOMECLUB:20200322162549g:plain
どうも、YOME YOME CLUB 代表の田村次郎です。

3月ですか。この時期は未知なる世界へのなんとも言われぬ不安が押し寄せてきている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

新しい職場、新しい学校、新しいプロジェクト…今までの経験値で乗り切れるのかどうかもわからない。

そんなモヤモヤとした気持ちを吹き飛ばすマインド法を見つけたので紹介します。

 

松浦弥太郎さんが説いてくれていた

本屋さんで何気なく物色していたらいつの間にか手にしていた本。

それが松浦弥太郎さんの新著「人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方」でした。

 

松浦弥太郎さんはアメリカの路上で1ドルで古本を売ることから商売を広げ、いけてるブックコーディネータとして評価を高めていき、日本でもおしゃれな古本屋を出店。そして「暮しの手帖」の編集長として作品を世に送り出すまでになった方です。

 

全肯定という生き方

この本の中で松浦さんは「全肯定という生き方」についてこう説いてくれます。

 

もし自分に何か被害があったとします。とんでもないようなひどいことが自分の身に降りかかって、全財産も家族も失ってしまった。

 

かなりつらい状況を想定していますね。そうなるとさすがに落ち込みますね…

 

それでも僕は、その事態を肯定します。

 

!!!

 

そういう経験、つまり困難や試練を与えてくれてありがとう、と感謝するのです。そのおかげで、自分自身は深い経験ができました、と。

 

…どうしてそんな風に思う必要があるのですか…?

 

なぜなら、そう思わない限り前に進めないからです。

 

おみそれしました!!

 

すべては自分の成長のため

ちょうど僕自身も新しいプロジェクトが始まるということで不安に感じている時でした。

なのでこの文章に出会えて本当によかったと感じています。

今後何かトラブルが起こった時に思い出したいヒントの一つです。

 

どんなに理不尽で、どんなに自分が不幸な経験をしたとしても、それを許して認めない限り、そこにとどまってしまいます。こういう経験のおかげで自分は学べたのだと言う感謝がない限り、そこから脱却できません。

 

だから、全肯定なのです。

 

まとめ

この「全肯定」という生き方は夫婦間でも適用できますよね。

そのマインドでいる事で余計なトラブルを防ぐ事ができるかもしれません。

 

この本では他にも「お金」に関することや「仕事」への向き合い方。それぞれの意味。そういうものを優しく教えてくれる内容です。

 

まったく知らないよりは「こういう考え方もあるのか」と、人生を乗り切る一つのお助けアイテムを手に入れるような感覚で読んでみると面白いと思います。